矯正治療

咬合治療で直せない残存歯の咬み合わせが不安定であったり、歯列不正がある場合は、治療に際し矯正治療、むし歯の治療、あるいは冠の入れ替えなどをを合わせて行う必要があります。 具体的には子供が行なっているものと同じ時間的、精神的にも負担は大きい。

咬合治療について

最も難しいのは、他院で矯正治療をされた後に、当院でインプラントを希望される場合です。
歯が増える(厳密に言えば元の本数に戻る)訳ですから、しっかり計画性を持って矯正治療も行わなければいけません。
にも関わらず、インプラントの知識が無いまま矯正治療をしたり、そもそもインプラント治療を視野に入れていることを伝えていないが為に、矯正治療自体をやり直すことになります。 身体的にも金銭的にも負担が大きくなってしまい、治療自体を諦めてしまうことにもなりかねません。
しかし、病気を治すにはこの事を積極的に行う必要があります。
当院では矯正治療の専門医と提携しておりますので、計画的に矯正治療も行うことができます。

© ARARAGI DENTAL CLINIC