滅菌

滅菌の必要性

「滅菌」とは一般的に、細菌やウイルスなどの微生物を死滅させるために行う行為のことを言います。歯科治療に使用する器具は、患者様の唾液や血液に触れる物です。そのため、非常に危険性が高いものといえます。

近年、治療時に使用する器具の消毒・滅菌が十分でない為、院内感染する病気が多いことが指摘されています。血液や唾液中にさまざまな細菌やウイルスが潜んでいることは、皆さんご存知だと思います。歯科医院ではその血液や唾液を伴う処置が多い事から、院内感染のリスクが高いと言われており、器具の消毒・滅菌が大事と言われています。しかし、歯科医院で扱う器具機材は多種多様で、患者さん一人一人使用する器具が違い、すべての器具を清潔に保つことはとても大変な事です。また、ハンドピースなど特殊な器具に対する滅菌、使い捨て用品の保管と管理、鋭利な器具に対する十分な洗浄作業など、多くの手間と、それに伴う莫大な費用が必要です。それでも患者さんの為に、設備投資・院内整備をし、責任を持って消毒・滅菌をするのが当院のポリシーです。

当院で取り扱っている機器

miele Professional G7891

歯科用器具のたんぱく質の汚れをしっかり洗浄し、感染のリスクを大幅に軽減します。この洗浄機を用いることで高い洗浄効果が得られます。器具の乾燥には濾過した清潔な空気を温風乾燥に使うので清潔ですっきりと乾燥した状態でプログラムが終了し、そのまま滅菌できるようになりました。

miele ProfessionalG7891 公式サイトはコチラ
miele ProfessionalG7891

DAC ユニバーサル

ハンドピース(治療用ハンドドリル)をクリーンな状態に保つためには、滅菌前の洗浄が不可欠です。
通常の手洗いではハンドピース内部の清掃は不可能ですが、DACユニバーサルであれば、内・外部を確実にクリーニングするため、理想的な滅菌の前準備が可能となり、しっかり滅菌できます。滅菌時間が十数分で終わることで、患者さんごとに滅菌されたハンドピースを使用できる為、より安全な治療を提供します。

DAC ユニバーサル 公式サイトはコチラ
DAC ユニバーサル

ホルホープデンタル CE34W

ホルマリンガスによって、約 25〜30℃の常温・常圧で殺菌をおこなうため、オートクレーブを使用できない様々な器具・器材にも使用できます。患者さんごとに使用する、エアータービン・ハンドピースやコントラアングル、オートクレーブ等の熱により傷みやすい機材に使用しています。

ホルホープデンタル CE34W 公式サイトはコチラ
ホルホープデンタル CE34W

クラスBオートクレーブ BC-17

BC-17は真空状態を作り出すことにより、機器内の空気を完璧に除去します。
真空状態と蒸気の注入を交互に3回繰り返すことで、内腔物や多孔性材料内部の残留空気を取り除き、蒸気を細部まで行きわたらせる事が出来効率よく滅菌することが可能となったことで より確実に滅菌できるようになりました。

クラスBオートクレーブ BC-17 公式サイトはコチラ
クラスBオートクレーブ BC-17
© ARARAGI DENTAL CLINIC